本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。


 電話でのお問い合わせは TEL. 0742-46-2246    

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3        

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

(スマホでご覧の方は左上の「≡」からメニューが開けます)

 
 当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)とエコーを中心に、奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
 内視鏡検査においては可能な限り苦痛の低減につとめています。胃カメラ・大腸カメラともに、必要に応じて鎮静麻酔下での検査が可能です。胃カメラや大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。
 

治療方針

 内科を軸として、各種疾患に幅広く対応する医療を行っています。患者さま一人一人に対する診察時間を十分に取り、それぞれにマッチした検査や治療方法を提案します。奈良県総合医療センター、西奈良中央病院、高の原中央病院などの近隣の病院との連携を図り、迅速に対応します。
 

施設基準

➤当院は下記の施設基準について届け出を行っています。
 ①明細書発行体制等加算
 ②がん治療連携指導料
 ③短期滞在手術等基本料1
当院は難病指定医療機関、難病指定医の認定を受けています。
 

informationお知らせ

➤医療費の改訂について
 
2024年6月1日より医療費の改訂が行われます。今後は高血圧・脂質異常症・糖尿病の3大疾患が主病名の場合に「生活習慣病管理料ⅠまたはⅡ」が加算されます。また同時に「生活習慣病 療養計画書」の交付が義務付けられ、患者様の署名が必要になりました。誠にお手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 なお、当院では28日以上の長期処方が可能です。

➤奈良市の帯状疱疹ワクチン接種助成制度が始まります
 
2024年7月1日より、帯状疱疹ワクチン接種について費用の一部助成が始まります。
 対象者は奈良市在住かつ50歳以上の方です。当院での接種費用は「水痘ワクチン」が5500円(8500円-助成金3000円)×1回接種、「シングリックス」が17500円(23500円-助成金6000円)×2回接種となります。
 詳細な情報はこちら⇒
https://www.city.nara.lg.jp/soshiki/94/198954.html
➤発熱の患者様へ

 
発熱の患者様は、事前に外でインフルエンザ・コロナ抗原検査を行います。
 来院前には必ず自宅からお電話をいただきますよう、よろしくお願いしたします。

➤奈良市の特定健診がまもなく始まります

 特定健診の期間は2024年7月1日~2025年2月28日です。
 費用は無料もしくは500円負担となります。受診券をご持参の上でお越しください。

➤奈良市の大腸がん検診(便潜血検査)がまもなく始まります

 大腸癌検診の期間は2024年7月1日~2025年2月28日です
 費用は無料もしくは1000円負担となります。受診券をご持参の上でお越しください。

➤奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)がまもなく始まります
 胃がんリスク検診の期間は2024年7月1日~2025年2月28日です。
 費用は無料です。受診券をご持参の上でお越しください。

➤奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)について
 今年度から当院での胃がん個別検診は行わない方針です。
 胃カメラをご希望の方は通常の保険診療での検査となります。何卒ご了承ください。

➤成人病23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2024年4月1日~2025年3月31日です。
 費用は3000円負担で、対象となるのは65歳で初回接種の方です。
 一般の方の接種料金は8000円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください

➤予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの各種予防接種を受け付けています。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

➤健康保険について

 受診の際には必ず健康保険証またはマイナンバーカードをご持参ください。
 お持ちでない場合には、自費での診療となりますのでご注意ください。

院長のブログ ▶2024年



<6月> 井上尚弥がダウン!?
 
先月の6日に東京ドームでボクシング・スーパーバンタム級の4団体統一王者の井上尚弥が、ルイス・ネリを相手にタイトル防衛戦を行いました。東京ドームでのボクシングイベントは34年ぶりの快挙です。ネリは元2階級制覇王者で、計量オーバーや薬物違反を繰り返し「悪童」の異名を付けられているメキシカンボクサーです。今回の「悪童」退治、会場を埋め尽くす43千人の大観衆を前に入場する井上の動きはややぎこちなく、表情もどこか硬い感じがします。一抹の不安を感じさせながら、試合開始のゴングが鳴りました。
 
1Rの開始早々でした。井上が右フックのモーションに入った瞬間にネリの左フックにアゴを撃ち抜かれ、井上は半回転しながらマットに倒れました。会場の43千人のファンが凍り付きました。それはまさしく悪夢のような光景でした。身体を起こし片膝をついたまま、冷静にカウント8まで待って立ち上がる井上。次に倒されるとさすがの井上でも立ち上がるのは難しいでしょう。そこから襲い掛かるネリの暴風のようなパンチを井上はブロックやスウェーなどを駆使してことごとく躱し、さらにはカウンターを合わせて相手の勢いを殺します。1R終了のゴングが鳴った時には思わず安堵のため息がもれました。しかし2Rが始まるともういつもの井上でした。お前のパンチは見切った!と言わんばかりにネリのパンチは空を切り、逆に井上が左ジャブのカウンターで早々とダウンを奪い返します。5Rに左フックで2度目のダウンを奪うと、6Rに右ストレートのダブルでネリをTKOしてしまいました。終わってみればモンスターの圧勝でしたが、今回は井上尚弥の初ダウンとそこからのリカバリーという本当に見ごたえのある試合だったと思います。これまで井上はプロ・アマの公式試合だけでなく、スパーリングでもダウン経験がないとされていました。しかし実はスパーリングで一度だけダウンさせられたことがあるんですよね。井上が高校2年の春ごろ、父の真吾トレーナーにボディーブローで悶絶KOされたとのことです。恐るべし父親。


まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL/FAX  0742-46-2246


 
メールでのお問い合わせは
こちらまで


【ブログ一覧】
  2021 - 2030年
  2012 - 2020年