本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
内科一般、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、総合的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

▪インフルエンザワクチンの予約が始まりました
 
奈良市の助成期間は2020101日~2021131日で、費用は1700円負担です。
 
一般の方の接種料金は3500円(2回目は3000円)です。
 ご予約の方はお電話か窓口までお問合せください。

▪新型コロナウイルスの抗体測定が可能となりました

 新型コロナウイルスのIgM/IgG mix抗体は自費となり、初診の方は7500円で
 再診の方は5000円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
 新型コロナウイルスのPCR検査、迅速抗原検査は当院では行っておりません。

▪新型コロナウイルスについて
 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方の直接の来院はお断りしております。電話診療または往診で
 対応いたしますので、お電話にてご相談ください。

 「息苦しさ、強いだるさ、高熱」「高齢者や基礎疾患のある方で、発熱や咳が続く」
 「風邪症状が4日以上続いている」 このような場合は保健所までお電話でご相談ください。
   奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
   
▪奈良市の特定健診が始まりました
 特定健診の期間は2020年7月1日~2021年2月28日です。
 費用は無料もしくは500円負担となります。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まりました
 大腸癌検診の期間は2020年7月1日~2021年2月28日です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まりました
 奈良市の胃がん個別検診の期間は2020年7月1日~2021年2月28日です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まりました
 奈良市の胃がんリスク検診の期間は2020年7月1日~2021年2月28日です。
 40~70歳で胃がんリスク検診を受けたことがない人が対象で、費用は無料です。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2020年4月1日~2021年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog- 9月




 9月
 潰瘍性大腸炎とは?
 ~安倍首相退陣





828日、安倍首相が退陣の声明を出しました。201212月の第2次内閣発足から約7年半。意欲的だった憲法改正の道筋をつけられず、新型コロナウイルス対策では迷走を繰り返しました。817日に慶応大病院を受診した際に体調不良説がささやかれていましたが、やはり持病の潰瘍性大腸炎が悪化したようです。安倍首相は2007年の第1次内閣時も潰瘍性大腸炎の悪化で退陣しています。この潰瘍性大腸炎とはいったいどのような病気なのでしょうか?
潰瘍性大腸炎は原因不明の炎症性腸疾患(IBD)です。本邦における指定難病(特定疾患)の中では最も患者数が多く、約16万人が登録されています。10歳~30歳が発症のピークですが、小児から高齢者まで幅広い年代で発症がみられます。潰瘍性大腸炎は遺伝的な要因や環境要因などが複雑に絡み合い、免疫システムが自分自身の大腸粘膜を攻撃することで大腸の炎症を引き起こします。炎症がひどくなると潰瘍を形成し、腹痛・発熱・下痢・血便が続くようになります。炎症が広範囲で長期にわたるほど大腸癌のリスクも高まります。診断はおもに大腸カメラによって行われます。潰瘍性大腸炎と診断されると、まずは症状がない状態「寛解」を目指して寛解導入療法を行います。寛解後には寛解維持療法を長期間継続することで、再び症状が現れる「再燃」を防ぎます。治療薬は5-ASA製剤が基本となり、寛解導入から維持まで使われます。活動期の炎症を抑えるのにはステロイドが有効で、寛解導入に用いられます。この2つでコントロール可能なケースが約半数です。残り半数では免疫抑制剤や生物学的製剤が必要となってきますが、新薬の開発によって治療の選択肢が大幅に増えています。他にもGMA(顆粒球吸着療法)やLCAP(白血球除去療法)が難治例に有効です。それでもコントロールできない場合、大出血や穿孔、中毒性巨大結腸症、癌化例では最終手段として手術(大腸全摘出)の適応となります。疾患の経過としては、初回発作型(1回だけで終わる)が20%、再燃寛解型(繰り返す)が50%、慢性持続型(症状が続く)が29%、急性電撃型(初回で重症化)が1%です。潰瘍性大腸炎を完治させる治療法はありませんが、再燃を防ぎ寛解の状態をより長く保つことで、通常の生活を送りながら付き合っていくことができる病気です。寿命も健康な人とほぼ変わりません。便に血が混じる、下痢が続くなどの方は、一度大腸カメラを受けてみましょう。




サイトマップサイト マップへ



まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 9月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)

院内設備 - 前川医院

クリニック案内 - 前川医院

診療案内 - 前川医院

院内設備 - 前川医院

アクセス - 前川医院

ブログ2012-2020年