本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

▪年末年始の休診日のおしらせ
 
当院は2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)までを休診とさせていただきます。
 患者様におかれましては、期間中のお薬切れなどがないようにお気を付け下さい。

▪インフルエンザワクチンの接種について
 奈良市の助成期間は2022年10月1日~2023年1月31日で、費用は1700円です。
 一般の方の接種料金は3500円(2回目は3000円)となります。
 予約は行いませんので、ご希望の方は窓口でお申し出ください。
▪オミクロン(BA.4/5)対応ワクチンについて

 当院でのワクチン接種の新規受付は、優先枠のみ(かかりつけ患者様のみ)となりました。
 3、4回目接種から3ヶ月以上開いてることをご確認の上、ご予約ください。
 当院での個別接種は下記①②より、2週間後のお日にちのご予約が可能です。
  ①インターネットでご予約の方は下記URLをクリック。
   https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/292010/VisitNumbers/visitnoAuth/
  ②電話でご予約の方はコールセンター「0120-340-112」までお電話ください
          (①②ともに受付時間は11:00-19:00、木曜、日曜・祝日以外)

▪新型コロナウイルス感染予防のお願い

 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
  ①当院窓口 0742-46-2246

  ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
  ③
奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
  ④ワクチン副反応についてのご相談は奈良市の副反応コールセンターへ。
   0120-919-003(9:30-19:00)365日

▪奈良市の特定健診が始まりました
 特定健診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは500円負担となります。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まりました
 大腸癌検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まりました
 胃がん個別検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まりました
 胃がんリスク検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 40~70歳の胃がんリスク検診を受けたことがない人が対象で、費用は無料です。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2022年4月1日~2023年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog-11月




 11月
 グリフォンとケルベロス



朝晩が冷え込むようになってきました。新型コロナウイルス感染は下火になっていますが、現在もくすぶりつづけています。そんな中で新たな変異株が世界各地で相次いで確認され、冬にかけて再び感染が拡大する懸念が強まっています。オミクロン株が世界に現れたのが202111月であり、約1年経過した現在もオミクロン株の亜系統が99.9%を占めており、オミクロン株以外の系統の変異株はほとんど見つかっていません。日本では、第6波が起こった20221月頃からオミクロン株BA.1が主流となり、その後BA.2に置き換わり、第7波の初期からBA.5に置き換わっています。世界的にも、未だ検出される新型コロナウイルスの7割以上がBA.5系統という状況です。しかしアメリカやイギリスではBA.5の割合が徐々に減少してきており、亜系統の増加がみられます。BA.5の派生型であるオミクロン株「BQ.1.1:通称ケルベロス」がアメリカ、イギリスなど48カ国で報告され、アメリカの最新データでは全体の7.2%と推計されています。一方アジアではBA.2が結合してできた派生型のオミクロン株「XBB:通称グリフォン」がインドなど21カ国で確認されており、シンガポールの最新データでは全体の54%と推計されています。9月時点で6%だったので、1ヶ月で急増したということがわかります。これらはすでに日本でも数例が確認されています。新たな変異株はワクチン接種や過去の感染によって得られた免疫をすり抜ける免疫逃避能が、BA.5よりも高くなっていると言われています。幸いなことにウイルスの毒性はBA.5とさほどの差異はないようです。
現在日本は検疫体制を緩和しており、海外から日本国内に新たな変異株が持ち込まれるリスクはこれまで以上に高くなっています。現在広がりを見せている変異株は全てオミクロン株の亜系統であることから、効果の程度に差はあると思われるものの、オミクロン株対応ワクチンによる感染予防効果は従来のmRNAワクチンよりも高いと考えられます。ご高齢の方、基礎疾患のある方は、次の流行に備えてオミクロン対応ワクチンの接種を済ませておきましょう。




サイトマップサイト マップへ


まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 11月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)