本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

▪インフルエンザワクチンの接種について
 奈良市の助成期間は2022年10月1日~2023年1月31日で、費用は1700円です。
 一般の方の摂取料金は3500円(2回目は3000円)となります。
 予約は行いませんので、ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪コロナワクチン4回目接種について

 奈良市のコロナワクチン(ファイザー製)の4回目接種が始まりました。
 3回目接種から5か月以上開いてることをご確認の上、ご予約ください。
 当院での個別接種は下記①②より、2週間後のお日にちのご予約が可能です。
 ①②ともに受付時間11:00-19:00、木曜、日曜・祝日以外)
  ①ワクチン接種をインターネットでご予約の方はこちらをクリック。
   https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/292010/VisitNumbers/visitnoAuth/
  ②ワクチン接種を電話でご予約の方はコールセンター「0120-340-112」まで

▪新型コロナウイルス感染予防のお願い

 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
  ①当院窓口 0742-46-2246

  ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
  ③
奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
  ④ワクチン副反応についてのご相談は奈良市の副反応コールセンターへ。
   0120-919-003(9:30-19:00)365日

▪奈良市の特定健診が始まりました
 特定健診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは500円負担となります。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まりました
 大腸癌検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まりました
 胃がん個別検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まりました
 胃がんリスク検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 40~70歳の胃がんリスク検診を受けたことがない人が対象で、費用は無料です。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2022年4月1日~2023年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog-9月




 9月
 過去最大の第7波




日本全国における新型コロナウイルスの新規感染者数の最大値は、今年の21日に記録した第6波の1日当たり104478人でした。しかし今年のお盆期間は3年ぶりに行動制限がなく、帰省や旅行などで人の移動が活発化しました。7月に始まった第7波ですが、新規感染者数は819日に261029人となり過去最多を更新。その後ようやくピークを越えた感がありますが、引き続き注意が必要です。
厚生労働省は直近の感染再拡大について、これまで主流だったオミクロン株「BA.2」から、感染力がさらに強い「BA.5」と呼ばれる変異ウイルスに急速に置き換わっていることが背景にあるとみています。この秋からファイザー・モデルナ社製のオミクロン対応ワクチンが輸入される予定ですが、「武漢株」+BA.4/5」の最新の2価ワクチンではなく、「武漢株」+BA.1」の2価ワクチンとのことです。BA.1対応型でもBA4/5の抗体が1.7倍くらいには上昇するとのことなので、最新のBA.4/5対応型2価ワクチンが輸入されるまではBA.1対応型を使うことになるのでしょう。現在のオミクロンに対する治療方針ですが、基本的には市販の風邪薬や一般的な解熱鎮痛薬による対症療法となっています。基礎疾患のある方や高齢者など重症化リスクの高い方には抗ウイルス薬の使用が検討されます。これまで使われてきた抗体注射はオミクロンに対しては効果が減弱しており、軽症者には経口薬のモルヌピラビル(ラゲブリオ®)またはニルマトレルビル/リトナビル(パキロビッド®)、中等~重症には抗ウイルス薬のレムデシビル(ベクルリー®)が使われています。ラゲブリオが入院・重症化リスクを30%減少させるのに対してパキロビッドは89%減少させるとのことですが、ともに様々な制約があり(医療機関・薬局が登録制、流通量が少なく安定供給されない、使用に患者同意書が必要であり原本を薬局に送付する必要がある、etc…)、使用が限られているのが現状です。今後新型コロナが2類から5類になったとしたら、保健所ではなく各医療機関で対応を迫られることになると思われますが、せめて内服薬がもっと使いやすく十分に流通している状態になって欲しいですね・・・



サイトマップサイト マップへ


まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 9月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)