本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
内科一般、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、総合的な医療を目指しています。
奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは患者さまにとって苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)を用いています。
大腸カメラ(肛門から盲腸までの観察およびポリープ切除)は自宅で下剤を服用していただくので、

朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においても可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。


informationお知らせ

  • 新型コロナウイルスについて
    当院を受診される方は、コロナウイルス感染防止のためにマスクの着用をお願いいたします。
    初診の風邪症状の方、体温が37℃以上ある方はコロナウイルス感染拡大防止のため当院内への
    立ち入りをお断りさせていただいております。自宅安静でお願いいたします

    「息苦しさ、強いだるさ、高熱」「高齢者や基礎疾患がある人で発熱や咳がある」「風邪症状が4日以上続く」

     このような場合、保健所までお電話でご相談ください。
      奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 
                     0742-93-8397
    (時間外)
          
  • 奈良市の特定健診が終了しました
    奈良市の特定健診は2020年1月31日で終了しました。
    次回は2020年7月1日からの予定です。
  • 奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が終了しました
    奈良市の大腸がん検診はは2020年2月29日で終了しました。
    次回は2020年7月1日からの予定です。
  • 奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が終了しました
    奈良市の胃がん個別検診は2020年2月29日で終了しました。
    次回は2020年7月1日からの予定です。
  • 奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が終了しました
    奈良市の胃がんリスク検診は2020年2月29日で終了しました。
    次回は2020年7月1日からの予定です。
  • 成人用23価肺炎球菌ワクチン予防接種について
    奈良市の助成期間は2020年4月1日〜2021年3月31日で、費用は3000円負担となります。
    一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラの電話予約が可能です
    レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
    胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように経鼻内視鏡をご用意しています。
    大腸カメラは苦痛の少ない挿入を心がけています。モニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
    土曜日の検査も可能になりましたので、ご希望の方は
    0742-46-2246までお問い合わせください。
  • 予防接種について
    当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
    各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 健康保険について
    受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
    保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。
  • 2011年8月にホームページを開設しました!



Blog- 5月






  5月
   緊急事態宣言









新型コロナウイルス感染症に対して47日に東京都など7都道府県に緊急事態宣言が発令され、416日には全都道府県が緊急事態宣言の対象となりました。期限は56日でしたが、さらに延長される見通しです。緊急事態宣言によって遊興施設や飲食店などに休業要請が出され、多くの店が休業や時短営業へと追い込まれています。しかし都心の人通りが激減する一方で、郊外のスーパーなどに人が集中してしまうという現象も起きています。中には家族連れや友達同士で外出している人もみられ、3密(密閉・密集・密接)を完全に避けることはできていません。しかし、日本の社会活動や経済をストップするのもそろそろ限界にきています。今後はコロナウイルスとの共存という考え方が必要になってくるでしょう。
幸いなことに緊急事態宣言以後、新規感染者数は減少へと転じています。現在、日本の累計感染者数は1.4万人、死者数は415人。世界の累計感染者数は310万人で、死者数が22万人。死者数の多い国が上からアメリカ6.0万人、イタリア2.7万人、イギリス2.6万人、スペイン2.4万人、フランス2.4万人です。ドイツは6000人と少ないですが、それでも日本の10倍以上です。なぜこれほどまでに欧米での感染者数・死者数が多いのでしょうか?ウイルスの型の違い。人種の違い。抗体保有率の差。BCG接種率の差。生活習慣や衛生面の差。PCR検査数の差。受けられる医療の差。様々な要因があるかと思われますが、個人的には日本を含めアジアの国々では新型コロナウイルスに対してある程度の免疫力があるのではないかと考えています。台湾は別格として、人口あたりの感染者数と致死率の低さは日本は世界でトップレベルです。PCR検査数が少ないために感染者数を少なく見積もっているとすれば、検査をして母数を増やせば致死率はさらに下がり、日本の致死率の低さは世界トップとなるでしょう。ロックダウンもせず、PCR検査数も少なく、医療資源も潤沢とは言えない日本がこのような状況で済んでいるのは、免疫力というのが一番説得力があるように思えます。とにかく現時点でハッキリしていることは、3密が起こりやすい環境下でクラスターが発生していること。高齢者での死亡率が高いこと。糖尿や肥満、喫煙者、基礎疾患を持つ人間が重症化しやすいことです。引き続き3密(密閉・密集・密接)を避け、マスク・手洗い・うがいを心がけるようにしましょう。








サイトマップサイト マップへ



まえかわいいん医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 5月
  ページ下に移動しました

(過去ブログはこちらから




院内設備 - 前川医院

クリニック案内 - 前川医院

診療案内 - 前川医院

院内設備 - 前川医院

アクセス - 前川医院