本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ


発熱の患者様へ
 発熱の患者様は、事前に外でインフルエンザ・コロナ抗原検査を行います。
 直接来院せず、まずは自宅からお電話をいただきますよう、よろしくお願いしたします。

コロナワクチン秋接種(ファイザー社製 XBB対応)について
 対象となるのは12歳以上、前回のオミクロン株ワクチン接種より3ヶ月以上経った方です。
 当院での接種は、2024年1月19日より再開します。期間は3月末までの予定です。
 前回に接種券が送られてきて接種しなかった方は、その接種券を使っての予約が可能です。
 
当院での接種をご希望の方は、下記①②いずれかでご予約ください。
   ①インターネットでご予約の方は下記URLをクリック
    https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/292010/VisitNumbers/visitnoAuth/
   ②電話でのご予約の方は
コールセンター「0120-340-112」まで
     (①②ともに2週前より予約開始、受付時間は11:00-19:00、日曜・祝日以外)

▪奈良市の特定健診がまもなく終了します
 特定健診の期間は2023年7月1日~2024年2月29日です。
 費用は無料もしくは500円負担となります。受診券を持参の上でお越しください。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)がまもなく終了します
 大腸癌検診の期間は2023年7月1日~2024年2月29日です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。受診券を持参の上でお越しください。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)がまもなく終了します
 胃がん個別検診の期間は2023年7月1日~2024年2月29日です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。受診券を持参の上でお越しください。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)がまもなく終了します
 胃がんリスク検診の期間は2023年7月1日~2024年2月29日です。
 費用は無料です。受診券を持参の上でお越しください。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2023年4月1日~2024年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は8000円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog-2月




 2月
 波乱の年明け




今年は波乱の年明けとなりました。元日に石川県で起きたマグニチュード7.6の大地震は能登半島に大きな傷跡を残し、少なくとも232名以上の命が失われました。今現在も、避難所生活をしている方が大勢いるかと思うと胸が痛みます。今回の震災で被害を受けられた方にお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
一方で、私の身の回りでも大きなことがありました。元日に父が倒れ、救急車で病院へ運ばれたのです。点滴を受けてその日はいったん帰宅したものの、翌日には劇症型心筋炎でICUに入院。あれよあれよという間に容体が悪化し、5日の夜に帰らぬ人となったのです。救いだったのは気管挿管をしなかったおかげで、最後の日までみんなと話をすることができたことです。ミカンが食べたいと言って、ICUの看護師さんに目をつぶってもらい少しだけ食べさせることもできました。その日の深夜に病院から電話があり、私が着いた時にはすでに心肺停止の状態でした・・・それからは通夜に葬式と目の回るような忙しさで、気が付くといつのまにか正月が終わっていました。やることがあまりにも多すぎて、ゆっくりと悲しむ暇さえなかったのはかえって救いだったのかもしれません。落ち込んで体調を崩していた母も少しずつ元気を取り戻し、先日は父が行くはずだったクラシックのコンサートに母と私の2人で行ってきました。NHK交響楽団による、モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」、ベートーヴェンの「交響曲第3番作品55 英雄」。父は生前、読書や囲碁、絵画やクラシック鑑賞が趣味で、なかなかに文化的な人でした。私はふだんあまりクラシックには縁がないのですが、今回のベートーヴェン「英雄」の第2楽章「葬送行進曲」の演奏を聴いた時には、葬列が厳粛に進み幻影のように消えていく様子が父の姿に重なって、胸に迫りくるものがありました・・・今年はこれ以上、悪いことや哀しいことが起こらないようにと願うばかりです


サイトマップサイト マップへ


まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 2月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)