本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
内科一般、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、総合的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

新型コロナウイルスについて
 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
   ①当院窓口 0742-46-2246

   ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
   
    ③奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
▪ゴールデンウィーク期間中の休診について
 当院はゴールデンウィーク期間中、カレンダー通りの診療となります。
 5月3日(月)~5月6日(木)までが休診となりますので、よろしくお願いいたします。

▪奈良市の特定健診が終了しました
 次回の特定健診は2021年7月1日~2022年1月31日の予定です。
▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が終了しました
 次回の大腸癌検診は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が終了しました
 次回の胃がん個別検診は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が終了しました
 次回の胃がんリスク検診は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2021年4月1日~2022年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog- 4月




 4月
 mRNAワクチンとは?




今年も桜がきれいに咲きましたが、新型コロナの第4波がひたひたと押し寄せてきています。大阪では新型コロナの新規感染者数が全国最多となり、1ヶ月のまん延防止等重点措置が取られることになりました。全国でのワクチン接種も進みが遅く、なんとも歯がゆい思いです。
さて、従来のワクチンは弱毒化・不活化したウイルスや、ウイルス蛋白の一部を注射することで抗体が作られるというものでした。しかしmRNAワクチンはまったく新しいタイプのワクチンです。今まで体の外で培養・精製していたワクチンを、その設計図を体に入れることで自分自身の体内で作るイメージです。ウイルスの表面にあるスパイク蛋白と呼ばれる部分の「遺伝子(mRNA)=設計図」を注射すると体内でウイルスのスパイク蛋白が作られ、それが従来のワクチンと同じ役目を果たすことで抗体が産生されます。mRNAは1本鎖で不安定であり、蛋白合成後にまもなく消失します。ヒト本体のDNA(2本鎖、ゲノム)を書き換えるといった本来の遺伝子治療とは異なるものであると言えます。

mRNAワクチンのメリットは機械で簡単に命令文が作れるのでウイルスそのものを培養する必要がなく、安全で素早く大量に作れることです。少しの変異があってもすぐにそれに対応することが可能です。有効率も90%超であり、不活化ワクチンよりもはるかに高い数値であるといえます。一方、mRNAワクチンの欠点は温度管理の難しさです。ファイザー製は-75±15℃、モデルナ製も-20±5℃という超低温で保存する必要があり、解凍後は一般の冷蔵保存では5日程度で期限切れとなります。短期的な副作用としてアナフィラキシーが問題で、女性に多い傾向があります。中期的な副作用として血栓症や抗体依存性感染増強(ADE)が懸念されます。長期的な副作用として自己免疫疾患や発癌などの可能性も挙げられますが、現時点では不明です。しかしもともとmRNAワクチンやDNAワクチンは、20年前より癌の治療として研究が進められてきたものでした。今回の新型コロナワクチンで初の実用化となったわけですが、もし大きな副作用がなければその技術は抗がんワクチンとしても役立つはずです。mRNAワクチンが医学の大きな進歩に繋がることを期待します。



サイトマップサイト マップへ



まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 4月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)