本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

インフルエンザワクチンの接種について
 
奈良市の助成期間は2021年10月1日~12月31日で、費用は1700円負担です。
 一般の方の接種料金は3500円(2回目は3000円)となります。

▪コロナワクチンの個別接種と予約について

 奈良市の予約システム(下記①②)より、当院の一般枠をご予約いただけます。
 当院窓口での予約受付は行いませんので、電話でのお問い合わせもご遠慮ください。
 またワクチンの配布量が従来の1/3程度に大幅減となっています。予約枠がすぐに
 埋まってしまうことが予想されますので、予約が取れない方は大規模接種や集団接種を
 ご検討いただけますように、よろしくお願いいたします。
  ①ワクチン接種をインターネットでご予約の方はこちらをクリック。
    https://www.city.nara.lg.jp/site/corona-vaccine/109800.html
  ②ワクチン接種を電話でご予約の方は下記のコールセンターまで。
    0120-340-112(9:00-19:00)日曜・祝日以外

▪新型コロナウイルス感染予防のお願い

 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
  ①当院窓口 0742-46-2246

  ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
  ③
奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
  ④ワクチン副反応についてのご相談は奈良市の副反応コールセンターへ。
   0120-919-003(9:30-19:00)365日

▪奈良市の特定健診が始まりました
 特定健診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。 
 費用は無料もしくは500円負担となります。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まりました
 大腸癌検診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まりました
 胃がん個別検診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まりました
 胃がんリスク検診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
 4070歳で胃がんリスク検診を受けたことがない人が対象で、費用は無料です。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2021年4月1日~2022年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog- 9月





 9月
 抗体カクテル療法とは?




長雨が続き順延を繰り返した今年の夏の高校野球ですが、決勝戦は奈良と和歌山の智辯対決となりました。史上初の兄弟校による決勝は9-2で智辯和歌山に軍配が上がり、奈良智辯の悲願だった夏の甲子園初制覇はなりませんでしたが、炎天下を最後まで戦い抜いた球児たちには拍手を送りたいと思います。
さて新型コロナの第5波もようやく峠を越えそうですが、デルタ変異株が80%以上を占めており予断を許さない状況です。東京では中等症でも入院できずに、在宅酸素とステロイドで治療中の方がたくさんおられます。変異株に対抗するにはワクチンだけでは不十分であり、入院患者を受け入れるための公的なコロナ専門病院や野戦病院の増設、そしてなにより治療薬が求められています。日本で承認されている治療薬は抗ウイルス薬のレムデシビル(ベクルリー®)、ステロイドのデキサメタゾン(デカドロン®)、JAK阻害薬のバリシチニブ(オルミエント®)の3剤ですが、いずれも中等症以上が対象です。軽症にはエビデンスが確立していない未承認のイベルメクチンやアビガン、コルヒチンなどが使われていますが、7月に「抗体カクテル療法」(ロナプリーブ®)が軽症の治療薬として正式承認されました。
ロナプリーブ®は米リジェネロン社が開発した抗SARS-CoV-2モノクローナル抗体「カシリビマブ」「イムデビマブ」の合剤であり、ウイルスの増殖を抑えることで入院・死亡リスクを70%、発症リスクを80%減少させます。トランプ前大統領もこの治療を受けて1週間で完治しました。対象となるのは発症から7日以内で酸素投与なし(SpO
293%、軽症~中等症Ⅰ)、かつ50歳以上・肥満・基礎疾患有のいずれかに当てはまる場合です。副作用としてはアナフィラキシー(頻度不明)や急性輸注反応(infusion reaction, 0.2%)などが報告されています。しかし本剤は高額な上に数量が限られており、現在では特定の病院にしか配備されていません。夜間・休日含め24時間対応できる体制、新型コロナの入院治療を行う医療機関の外来において投与を行うことなどの縛りもあり、一般のクリニックで受けられる治療ではなさそうです。インフルエンザのタミフルのようにもっと安価で使いやすい抗ウイルス薬が欲しいところですが、いくつか治験中の内服薬があるとのことで、今後の新薬の登場に期待します。



サイトマップサイト マップへ



まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 9月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)