本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
内科一般、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、総合的な医療を目指しています。
奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは患者さまにとって苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)を用いています。
大腸カメラ(肛門から盲腸までの観察およびポリープ切除)は自宅で下剤を服用していただくので、

朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においても可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。


informationお知らせ

  • 2020年明けましておめでとうございます
    みなさま今年も1年、元気で頑張りましょう。
  • インフルエンザワクチンの接種について
    奈良市のインフルエンザワクチンの助成期間は2019年12月28日で終了いたしました。
    期間外の一般の接種は3500円です(2回目は3000円)。ご予約はお電話か窓口までお申し込みください。
  • 奈良市の特定健診がもうすぐ終了します
    特定健診の期間は、2019年7月1日〜2020年1月31日です。費用は無料もしくは500円負担となります。
    お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようにお願いいたします。
  • 奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まりました
    大腸がん
    検診の期間は2019年7月1日〜2020年2月28日です。費用は無料もしくは1000円負担となります。
    お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようにお願いいたします。
  • 奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まりました
    胃がん個別検診の期間は2019年7月1日〜2020年2月28日です。費用は4000円負担となります(生検は別途)。
    ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まりました
    胃がんリスク検診の期間は2019年7月1日〜2020年2月28日です。費用は3000円負担となります。
    ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 成人用23価肺炎球菌ワクチン予防接種について
    奈良市の助成期間は2019年4月1日〜2020年3月31日で、費用は3000円負担となります。
    一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 院長交代のおしらせ
    2019年4月1日(月)から前川泰寛が前川医院の院長として就任いたしました。
    以降は土曜日の診察医も前川泰寛となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラの電話予約が可能です
    レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
    胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように経鼻内視鏡をご用意しています。
    大腸カメラは苦痛の少ない挿入を心がけています。モニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
    土曜日の検査も可能になりましたので、ご希望の方は
    0742-46-2246までお問い合わせください。
  • 予防接種について
    当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
    各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 健康保険について
    受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
    保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。
  • 2011年8月にホームページを開設しました!


Blog- 1月






  健康寿命〜フレイルとは?







明けましておめでとうございます。今年で令和は2年となり、東京オリンピックという一大イベントを迎えようとしています。一方、日本は団塊の世代が高齢化を迎えることでこれまでにない超高齢社会がすぐそこまで迫っています。それに伴う医療経済の負担が懸念され、2022年から75歳以上の方の医療費の負担額を1割から2割へと引き上げるという案が出ています。これは実質70歳以上では全員が2割になるということで、非常に厳しい措置であると言えるでしょう。なるべく大きな病気をせずに最期まで健康でいること、つまり健康寿命がこれまで以上に重要になってくると思われます。
高齢になるとさまざまな心身の機能が低下し、社会的支援を受けることとなります。20145月に老年医学界がそれまで老衰(frailty)と呼んでいた状態を「フレイル」と呼称するように提言しました。体重減少、筋力低下、疲労感、歩行速度の低下、低活動性、5つの特徴のうち3つ以上当てはまるものがフレイルと診断されます。また老衰における変化として「サルコペニア」と呼ばれるものがあり、これは骨格筋の減少のことを表します。診断基準として握力低下(男性26kg未満、女性18kg未満)や歩行速度0.8m/秒以下などが含まれます。ほかにも日本整形外科学会が提唱する「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」という概念もあり、これは骨・関節・筋肉などの運動器障害によって移動能力が低下した状態を指します。フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム、骨粗鬆症は互いにオーバーラップする部分もあり、すべてが老化を表すキーワードとなっています。これらの診断や予防、治療についての研究が発展するとともに、健康寿命の延伸へと繋がることを願います。それではこの1年がみなさまにとって良い年でありますように。












サイトマップサイト マップへ



まえかわいいん医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで









Blog- 1月
  ページ下に移動しました

(過去ブログはこちらから




院内設備 - 前川医院

クリニック案内 - 前川医院

診療案内 - 前川医院

院内設備 - 前川医院

アクセス - 前川医院