本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

コロナワクチン4回目接種について
 奈良市のコロナワクチン(ファイザー製)の4回目接種受付が6月17日から始まります。
 3回目接種から5か月以上開いてることをご確認の上、ご予約ください。
 当院での個別接種は下記①②より、接種日の2週間前から予約が可能となります。
 当院窓口での直接予約はできませんのでご注意ください。
  ①ワクチン接種をインターネットでご予約の方はこちらをクリック。
   https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/292010/VisitNumbers/visitnoAuth/
  ②ワクチン接種を電話でご予約の方は下記コールセンターまで。
   
0120-340-1129:00-19:00)日曜・祝日以外
▪新型コロナウイルス感染予防のお願い

 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
  ①当院窓口 0742-46-2246

  ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
  ③
奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
  ④ワクチン副反応についてのご相談は奈良市の副反応コールセンターへ。
   0120-919-003(9:30-19:00)365日

▪奈良市の特定健診が始まります
 特定健診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは500円負担となります。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まります
 大腸癌検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まります
 胃がん個別検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まります
 胃がんリスク検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
 40~70歳の胃がんリスク検診を受けたことがない人が対象で、費用は無料です。

 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2022年4月1日~2023年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog- 6月




 6月
 健康保険証がなくなる?





蒸し暑くなって気候の変化に身体がついていかない今日この頃です。さて政府はマイナンバーカードの健康保険証としての利用を促進するため、将来的に現行の保険証の廃止を目指すという指針を出しました。20211020日よりマイナンバーカードが健康保険証「マイナ保険証」として利用できるようになっていますが、マイナ保険証に対応している病院は19%にとどまっています。ちなみにマイナンバーカード普及率は現在43%です。なぜマイナ保険証は普及が遅れているのでしょうか?
まずマイナンバーカードは顔写真をそえて自分で申請する必要があり、さらに5年ごとに更新する必要があります。健康保険証は黙っていても手元に届くのに、マイナ保険証はいちいち手続きしないといけないのは面倒ですね。さらにマイナ保険証を使用すると、月に初診料21円、再診12円、調剤が9円上乗せされます。本当にマイナ保険証を普及させたいのなら、逆に安くしないといけないくらいだと思います。そして病院側にも事情があります。マイナ保険証を読み取るためには、専用のカードリーダーとパソコン(OSWindows server)を1台置く必要があります。カードリーダーは無償で提供され、パソコンは補助が受けられますが、それでも設置費用の全てはカバーされません。そしてなによりシステムメンテナンス料金と称して、IT業者に毎月2万円以上を延々と支払い続ける必要があるのです。ただマイナンバーカードを読み取るだけのために、なぜ新たに専用パソコン1台が必要なのか、まったく意味が分かりません。それこそデジタル省が専用アプリを開発して無償で配布し、事務で使っている現状のレセコンにアプリを入れてカードリーダーを使えるようにすれば済む話なのです。台湾のデジタル大臣のオードリー・タン氏なら、そのくらいのアプリなら1日で作ってくれそうです。今のやり方では、病院にとっては無駄なパソコンと手間と余計な出費が増えるだけでなんのメリットもありません。IT後進国の日本の政治家はデジタル化以前に、まず余計な手間と物と無駄な出費をなくすという、根本的なシステム設計から考え直す必要があるのではないでしょうか。



サイトマップサイト マップへ


まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 6月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)