本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

コロナワクチン3回目接種について
 奈良市のコロナワクチン(ファイザー製)の3回目接種は2月1日~9月30日です。
 当院での個別接種は下記①②より、接種日の2週間前から予約が可能となります。
 当院窓口での直接予約はできませんのでご注意ください。
  ①ワクチン接種をインターネットでご予約の方はこちらをクリック。
   https://www.covid19-vaccine.mrso.jp/292010/VisitNumbers/visitnoAuth/
  ②ワクチン接種を電話でご予約の方は下記コールセンターまで。
   
0120-340-1129:00-19:00)日曜・祝日以外
▪新型コロナウイルス感染予防のお願い

 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
  ①当院窓口 0742-46-2246

  ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
  ③
奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
  ④ワクチン副反応についてのご相談は奈良市の副反応コールセンターへ。
   0120-919-003(9:30-19:00)365日

▪奈良市の特定健診が終了しました
 次回の特定検診の期間は2022年7月1日~2023年1月31日の予定です。
▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が終了しました
 次回の大腸癌検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が終了しました
 次回の胃がん個別検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。
▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が終了しました
 次回の胃がんリスク検診の期間は2022年7月1日~2023年2月28日の予定です。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2022年4月1日~2023年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog- 5月




 5月
 コロナ禍における癌





日本人の2人に1人が癌になるリスクがあり、3人に1人が癌で亡くなる時代。癌は早期発見・早期治療が大切です。コロナ禍において癌の患者数は一体どうなっているのでしょうか?
国立がん研究センターは2020年のがん罹患数(新規患者数)が集計開始の2007年以降、初めて減少したと発表しました。2019年比5.9%減で、新型コロナウイルス流行に伴う最初の緊急事態宣言発令中の5月に特に大きく減少したとのことです。しかしここにきて最近、どうもがん患者さんが増えてきているような気がします。それも初期癌ではなく、ある程度以上に進行した状態で発見されることが多くなっています。当院だけでも、大腸癌2名、胃癌1名、肺癌1名、膀胱癌1名、検査待ち3名。コロナによる受診控えの影響がここにきて現れてきているような感じです。がんの早期発見には胃カメラや大腸カメラ、CTMRIPET検査などを定期的に受ける必要がありますが、全員がこれらを受けるのは不可能であると言えます。そこでまず受けるべき検査を挙げるとすれば、血液検査でしょう。年に1回、採血の時にがんマーカーを測定することが、もっとも簡便かつ有用だと思います。初期癌ではマーカーが上昇しないことも多いですが、ある程度の拾い上げには有用です。胃癌・大腸癌・すい臓がん・胆のうがん・腎臓がん・肺がんなどの発見には、CEACA19-9の測定が役立ちます。男性なら前立腺がんの発見にPSAの測定が有用です。女性は乳がん・婦人科検診を受けることが望ましいです。さらに受けるとすれば胸部レントゲンと便潜血検査でしょうか。これらは肺がんと大腸がんの拾い上げに有用です。あとはできれば胃カメラは受けておきたいところですね。腹部エコー検査もオプションとして考慮したいです。がんマーカーやレントゲン、便潜血などで異常があれば、なるべく早い段階でCT検査、胃カメラや大腸カメラを受けることをオススメします。




サイトマップサイト マップへ


まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 5月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)