本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院 のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
総合内科、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、包括的な医療を目指しています。奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)をご用意しています。
大腸カメラは日帰りでのポリープ切除も可能です。自宅で下剤を服用していただくため、
朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においては可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。



informationお知らせ

当院でのコロナワクチン個別接種と予約について
 当院では5月21日より、かかりつけの後期高齢者の患者さまへのコロナワクチン接種を
 開始しました。前期高齢者の患者さまにつきましても順次予約を開始します。
 ご予約は窓口まで、クーポン券と問診票をお持ちください。電話での予約はとれません。
 一般の方は、奈良市のコールセンターまでご予約をお願いいたします。
 ※奈良市新型コロナウイルスワクチンコールセンター 0742-34-0112(平日AM9時-PM5時)

▪新型コロナウイルス感染予防のお願い

 当院を受診される方は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と
 手指の消毒をお願いいたします。窓口で検温を行いますのでご協力ください。
 体温が37℃以上ある方、風邪症状の方は来院前に必ずお電話でご相談ください。
  ①当院窓口 0742-46-2246

  ②奈良市保健所一般相談ダイヤル 0742-95-5888 / 0742-93-8397(時間外)
  ③
奈良市新型コロナ・発熱患者受診相談窓口 0742-27-1132(24時間)
▪奈良市の特定健診がまもなく始まります
 特定健診の期間は2021年7月1日~2022年1月31日の予定です。 
 費用は無料もしくは500円負担となります。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)がまもなく始まります
 大腸癌検診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
 費用は無料もしくは1000円負担となります。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)がまもなく始まります
 胃がん個別検診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
 費用は4000円負担となります(生検は別途)。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)がまもなく始まります
 胃がんリスク検診の期間は2021年7月1日~2022年2月28日の予定です。
 4070歳で胃がんリスク検診を受けたことがない人が対象で、費用は無料です。
 お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようお願いいたします。

▪成人用23価肺炎球菌ワクチンの接種について

 奈良市の助成期間は2021年4月1日~2022年3月31日で、費用は3000円負担となります。
 一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
▪胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラについて
 レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
 胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように細径の経鼻内視鏡をご用意しています。
 大腸カメラは苦痛を極力抑えた安全な挿入を心がけています。どうしても不安の強い方、
 苦痛のある方はモニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
 土曜日の検査も可能となりました。ご希望の方は
0742-46-2246までお問合せください。

▪予防接種について
 当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
 各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。

▪健康保険について
 受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
 保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。

▪2011年8月にホームページを開設しました




Blog- 6月




 6月
 コロナワクチンを打ってきました





緊急事態宣言が延長される中、当院では521日から後期高齢者のコロナワクチン接種が無事にスタートしました。ゴールデンウィーク明けには窓口に予約が殺到、待合室が過密状態となりましたが、その後は予約の状況も落ち着いてきています。私自身も先月にコロナワクチンの接種を受け、2回とも無事に終了しました。副反応としては接種した部位の筋肉痛があり、特に2回目の接種後は痛みがひどく腕を持ち上げるのもちょっと辛かったほどですが、3日目にはほぼ正常に動かせるようになりました。発熱や頭痛はなかったですが、一緒に受けた女性職員は37℃台の微熱と倦怠感があったとのことです。ファイザーのmRNAワクチン「コミナティ」の日本における副反応の頻度は1回目が疼痛90%、頭痛・倦怠感20%37.5℃以上の発熱が3%と報告されています。2回目には疼痛90%、頭痛・倦怠感50-60%37.5℃以上の発熱が40%にみられるとのことで、2回目を打つ時には翌日のスケジュールを空けておくのが無難でしょう。副反応は若い人や女性で出やすいようです。疼痛や発熱時にはアセトアミノフェン(カロナール)が使えますが、事前の服用については有効性が証明されていません。 
日本ではファイザーに続き、モデルナのmRNAワクチン、アストラゼネカのウイルスベクターワクチンも承認されました。モデルナの効果はファイザーとほぼ同等で有効率90%超ですが、アジア人に対してはファイザーよりも有効率が高いというデータも出ています。しかしファイザーと比べるとやや副反応が強いようで、腕が腫れることが多いらしく“モデルナアーム”と揶揄されています。アストラゼネカ製は有効率が70%とやや低めで血栓問題も残っており、日本で使われることは当面ないと思われます。大型の接種会場の設置やクリニックでの個別接種が始まったことで日本におけるコロナワクチンの接種が加速すると思われますが、副反応にも十分注意して受けていただきたいと思います。





サイトマップサイト マップへ



まえ医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで






Blog- 6月
  ページ下に掲載しています

(過去のブログ
   2021 - 2030年
   2012 - 2020年

       ↑↑↑
  (クリックしてください)