本文へスキップ

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ(経鼻内視鏡)と大腸カメラは、まえかわ医院へお任せください。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL. 0742-46-2246

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3

奈良市の消化器内科クリニック。胃カメラ、内視鏡検査で評判の前川医院

ようこそ、医療法人 前川医院のホームページへ。

当院は奈良市東登美ヶ丘の消化器内科クリニックです。
内科一般、消化器内科、内視鏡 (胃カメラと大腸カメラ)を中心に、総合的な医療を目指しています。
奈良市のホームドクターとして地域に密着した安心の医療を提供いたします。
各種健診や予防接種も随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

胃カメラは患者さまにとって苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から入れられる細い胃カメラ)を用いています。
大腸カメラ(肛門から盲腸までの観察およびポリープ切除)は自宅で下剤を服用していただくので、

朝から病院で1日を過ごす必要がありません。検査においても可能な限り苦痛の低減に努めています。
奈良市で胃カメラ、大腸カメラをご希望の方はどうぞご相談ください。


informationお知らせ

  • 奈良市の特定健診が始まりました
    特定健診の期間は、2019年7月1日〜2020年1月31日です。費用は無料もしくは500円負担となります。
    お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようにお願いいたします。
  • 奈良市の大腸がん検診(便潜血反応)が始まりました
    大腸がん
    検診の期間は2019年7月1日〜2020年2月28日です。費用は無料もしくは1000円負担となります。
    お手元の受診券をご持参の上、期間内に受診いただきますようにお願いいたします。
  • 奈良市の胃がん個別検診(胃カメラ)が始まりました
    胃がん個別検診の期間は2019年7月1日〜2020年2月28日です。費用は4000円負担となります(生検は別途)。
    ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 奈良市の胃がんリスク検診(血液検査)が始まりました
    胃がんリスク検診の期間は2019年7月1日〜2020年2月28日です。費用は3000円負担となります。
    ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 成人用23価肺炎球菌ワクチン予防接種について
    奈良市の助成期間は2019年4月1日〜2020年3月31日で、費用は3000円負担となります。
    一般の方の接種料金は7500円です。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 院長交代のおしらせ
    2019年4月1日(月)から前川泰寛が前川医院の院長として就任いたしました。
    以降は土曜日の診察医も前川泰寛となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 胃カメラ(経鼻内視鏡)、大腸カメラの電話予約が可能です
    レーザー光源搭載のシステムにより、さらに明るく高精細な画像診断が可能となりました。
    胃カメラは患者さまが楽に受けていただけるように経鼻内視鏡をご用意しています。
    大腸カメラは苦痛の少ない挿入を心がけています。モニター下に鎮静剤を用いて眠った状態での検査も可能です。
    土曜日の検査も可能になりましたので、ご希望の方は
    0742-46-2246までお問い合わせください。
  • 予防接種について
    当院では肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、MRワクチン、B型肝炎ワクチンなどの
    各種予防接種を受け付けております。ご希望の方は窓口までお問い合わせください。
  • 健康保険について
    受診の際には必ず健康保険証をお持ちください。
    保険証がない場合は自費での診療になりますのでご注意ください。
  • 2011年8月にホームページを開設しました!


Blog- 8月






  ハイブリッドカーの魅力








長い梅雨が明けてようやくセミが鳴き始めたかと思うと、あっという間に猛暑の日々がやってきました。
さて、街中を走る車を見ているとハイブリッドカー(HV車)が多いことに気付かされます。実は国産の新規販売車の50%ほどがすでにHV車となっているのです。HV車とはガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターの二つの動力源を持つ車のことをいいます。ガソリンで走りながら充電することができて、その電気で走行できるというお得なシステムです。代表的なHV車としてはトヨタのプリウスを始め、日産のノートやセレナ、ホンダのフィットやCR-Zなどが挙げられます。各メーカーの高級車のハイブリッド化も進んでいます。HV車の最大の魅力といえばやはり燃費に尽きるでしょう。ガソリン車では実際にリッター10kmも走れば燃費がいい方だと思いますが、HV車の実燃費はリッター20q前後にもなります。給油にいくのが面倒くさい人にとっては何よりのメリットです。さらにモーター走行時の静粛性、モーターアシストによる加速性の良さ、ガソリン代を抑えられること、エコカー減税が受けられること、売却時のリセール価格が高いこと、ガソリンによる排気ガスを減らせることなどHV車のメリットは数多く、これほどまで台数が増えてきたことにも頷けます。デメリットとしてはまず車両価格が高いということが挙げられます。故障した時の修理費もガソリン車より高くつくようですが、メインバッテリーの交換は走行距離が1020kmを超えるまで必要ないとのことです。またモーター走行は低速での静粛性と加速性に優れますが、時速100kmを超えるような高速走行ではエンジンモードとなりガソリン車と同じかそれ以下の能力となります。あとは静粛性に優れるがゆえに、歩行者が車に気付きにくいこともあるでしょう。
一方でテスラや日産のリーフなどガソリンを全く使わない純粋な電気自動車(EV車)も出てきており、世界的にはEV車が今後の主流になっていくといわれています。しかしHV車の実際の航続距離が1000km前後であるのに対してEV車はリーフで350km程度しかなく、遠出の際には計画的な給電が必要となります。給電できるスタンドがまだ少ない上、急速充電で30分、普通充電で68時間くらいかかるので列待ちなどがあると大変なことになりそうです。現在のところEV車とは自宅で充電して、それほど遠乗りはしないという人向けの車だと思います。車両価格もHV車と比べてさらに高額となっており、一般に普及するのはまだまだ先の話でしょう・・・当分はHV車の天下が続きそうです。









サイトマップサイト マップへ



まえかわいいん医療法人 前川医院

〒631-0002
奈良県奈良市東登美ヶ丘1-12-3
TEL. 0742-46-2246
FAX. 0742-46-2246



 メール
メールでのお問い合わせは
こちらまで



スマホサイトのQRコード
携帯・スマホ用サイトはこちらから
http://maekawaiin.plimo.jp/



Blog- 8月
  ページ下に移動しました

(過去ブログはこちらから




院内設備 - 前川医院

クリニック案内 - 前川医院

診療案内 - 前川医院

院内設備 - 前川医院

アクセス - 前川医院